2011年05月09日

放射性物質から身を守る

被曝を避ける為には
距離を取り、呼吸や食べ物から放射性物質を取り込まない事
が重要です。
しかし誰もが避難して距離を取れる訳ではないですし、
どうしても出かける必要がある場合もあります。


まずは自分が在住している地域の大まかな放射線量を知る為に
各地のモニタリングを見る事をお勧めします。

政府発表の全国放射線量マップ
http://atmc.jp/

全国の放射線量を分かりやすく色分けしたマップ
http://bit.ly/fvozWu

放射線・原子力教育関係者有志による 全国環境放射線モニタリング
http://bit.ly/dJi8hS


放射線量を把握したら福島第一原発と
自分の家との距離をこのツールを使えば簡単に測定出来ます。
http://bit.ly/gbgY7y

それと合わせて事故が起きた場合の拡散速度と薄まり方を知っていれば
避難する時の目安になるかと思います。
http://bit.ly/havqIa

基本的には放射性物質を体に付着させたり吸い込んだりしない様にする為、
屋内に留まり外出を控える事が肝心です。
屋内に居る場合は出来るだけドアや窓を閉め、換気扇やを止めて外気を遮断、
食品にフタやラップを掛ける
事も大切です。

エアコンは一般的な家庭のものは外気を取り込れないので、恐らく使っても大丈夫でしょう。
換気機能付きのエアコンはオフにする必要があるので、一度御確認を。

どうしても外出しなくてはいけない場合は
肌の露出度の低い服装をした上で
N95の様なインフルエンザ用マスクや普通のマスクを2枚重ねにします。

警戒した方が良いと思ったら鼻や口を湿らせたマスクやハンカチで覆います、
ハンカチがなくてもトイレットペーパーを折り畳めば使えます


雨が降った場合は空気中に浮遊している放射性物質が雨と一緒に落下するので
雨に濡れない様に雨合羽や傘で当たらないようにします
帰宅したら外出に使用したコートやズボンを玄関など所定の場所に掛けて、
なるべく部屋に持ち込まないようにしてから顔や手を洗います。



次の記事では食物の事について書きたいと思います。



News_Hyper_Newsをフォローしましょう
ラベル:身の守り方
posted by 火狐 at 18:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
二度送っていたらすみません。
水道水の汚染についてですが、もし現在でも汚染されていたとすると、シャワーやお風呂の水は一体どうしたらいいのかと悩んできます。
何か考え情報ありましたら教えてください。よろしくお願いいたします。
Posted by at 2011年05月26日 11:49
名無しさん>

最近ブログの更新がないので返信遅れ申し訳ありません。

水道水についてはその自治体によって汚染度も違うのでしょうから難しい所ですね、心配であればやはり日常飲用などに使う水はウォーターサーバーかあるいはRO水にしてはどうでしょう、RO水のあるスーパーで汲んでくるか浄水器にするかなどすれば飲用する水に限って言えば安全になります。

シャワーやお風呂の水は汚染されている場合は手段が限られている様に思えますね、シャワーなども予め安全だと確認出来ている水などを風呂に用意して身体を洗う事にすれば大丈夫だとは思いますが風呂となると大量に必要になりますね。

身体や髪を洗うのにもRO水を使えばお子さんが居ても大丈夫だと思うのですが、水の汚染度が気になる場合お風呂の様に大量に水を消費するものは諦めざるを得ないですね・・・
Posted by 火狐(管理人) at 2011年05月29日 12:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。