2011年05月09日

放射性物質から身を守る

前回は外部被曝を防ぐ為、今回は食べ物による内部被曝を防ぐ記事です。


政府は基準値内であれば問題はないから
被災地の食べ物を食べないのは「風評被害」だと言います。

しかし厚労省は基準値ギリギリの飲料水と食品を摂取するだけで
17mSV/年もの被曝になる事を認めました。
http://bit.ly/hZO9PI


つまり厚労省は飲料水と食物の被曝だけで
公衆年間被曝許容量1mSVの17倍になる事を認めた訳ですね。


そう言う訳で基準値内であっても、基準値自体がおかしいので
食べ物をしっかりと選別しないといけない世の中になってしまいました。

それでは放射能物質を取り込みにくい野菜・取り込みにくい野菜を示した
分かりやすいイラストがあるので見て下さい。


output_image.php.jpg


このイラストは非常に分かりやすいので1枚印刷するだけで重宝すると思います。
前回のものはキャベツのセシウム吸収率を踏まえなかったですが、
今回改訂したものではイラスト主の方がそれを踏まえたものにしてくれました。


イラストの情報元になっているベラルーシの部屋ブログには
お子さんを持つ家庭での調理方法などについて詳しく書かれています。
http://bit.ly/fhSXm7



食品の放射能検査データを見て避けた方が良い産物を決めるのも手かもしれません。
http://bit.ly/fqY0RA


産地をどれだけ選別していても産地偽装や産地隠蔽(国産表示)
消費者には区別するのが本当に難しい所です。

だから産地を見抜く為に製品を製造した各製造所(工場)の所在を表す
製造所固有番号で自分達がよく食べる物を調べておけば良いと思います。

製造所はその会社に電話を掛けて担当者に問い合わせれば答えてくれますし、
ホームページのどこかには大抵書いています。

しかしそれをするのはあまり気が向かないと思いますので、
製造所固有番号などを色々まとめたサイトをご紹介します。

製造所固有番号
http://bit.ly/m6TSjj

製造所固有番号@wiki
http://bit.ly/fNtyTg

携帯からも見る事が出来る製造所固有記号@wiki
http://bit.ly/igRT9K

これらのデータに漏れた食物はやはり自分で調べる事になりますが、
一から調べるよりは随分手間が省けるかと思います。



News_Hyper_Newsをフォローしましょう
posted by 火狐 at 20:28| Comment(36) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

放射性物質から身を守る

被曝を避ける為には
距離を取り、呼吸や食べ物から放射性物質を取り込まない事
が重要です。
しかし誰もが避難して距離を取れる訳ではないですし、
どうしても出かける必要がある場合もあります。


まずは自分が在住している地域の大まかな放射線量を知る為に
各地のモニタリングを見る事をお勧めします。

政府発表の全国放射線量マップ
http://atmc.jp/

全国の放射線量を分かりやすく色分けしたマップ
http://bit.ly/fvozWu

放射線・原子力教育関係者有志による 全国環境放射線モニタリング
http://bit.ly/dJi8hS


放射線量を把握したら福島第一原発と
自分の家との距離をこのツールを使えば簡単に測定出来ます。
http://bit.ly/gbgY7y

それと合わせて事故が起きた場合の拡散速度と薄まり方を知っていれば
避難する時の目安になるかと思います。
http://bit.ly/havqIa

基本的には放射性物質を体に付着させたり吸い込んだりしない様にする為、
屋内に留まり外出を控える事が肝心です。
屋内に居る場合は出来るだけドアや窓を閉め、換気扇やを止めて外気を遮断、
食品にフタやラップを掛ける
事も大切です。

エアコンは一般的な家庭のものは外気を取り込れないので、恐らく使っても大丈夫でしょう。
換気機能付きのエアコンはオフにする必要があるので、一度御確認を。

どうしても外出しなくてはいけない場合は
肌の露出度の低い服装をした上で
N95の様なインフルエンザ用マスクや普通のマスクを2枚重ねにします。

警戒した方が良いと思ったら鼻や口を湿らせたマスクやハンカチで覆います、
ハンカチがなくてもトイレットペーパーを折り畳めば使えます


雨が降った場合は空気中に浮遊している放射性物質が雨と一緒に落下するので
雨に濡れない様に雨合羽や傘で当たらないようにします
帰宅したら外出に使用したコートやズボンを玄関など所定の場所に掛けて、
なるべく部屋に持ち込まないようにしてから顔や手を洗います。



次の記事では食物の事について書きたいと思います。



News_Hyper_Newsをフォローしましょう
ラベル:身の守り方
posted by 火狐 at 18:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。